2019年度のIT導入補助金は「ものづくり」「小規模補助金」と統合し『生産性特別補助金』へ

2018年末に、経済産業省・中小企業庁が2018年度第2次補正予算案で、中小企業・小規模事業者を対象にした「生産性特別補助金」を創設し1000億円規模を盛り込むことが明らかになった。との記事が日刊工業新聞のウェブサイトにアップされました。

https://www.nikkan.co.jp/articles/view/00499494

この記事を読むと、新しい補助金が新設されるという訳ではなく、これまでにもあった「ものづくり補助金」「IT導入補助金」「小規模事業者持続化補助金」の3つをまとめたものとして「生産性特別補助金」が創設されたとのことです。

予算規模は1,000億円で、このうち大半を「ものづくり補助金」にあてることになるようです。

生産性特別補助金は、中小企業の設備投資を促す「ものづくり補助金」「IT導入補助金」「持続化補助金」が柱。このうち大半を中小企業の設備投資を支援する「ものづくり補助金」に充てる。

IT導入補助金としては、初年度である2017年度は「100億円」で想定利用企業数は15,000社。2018年は「500億円」まで引きあがられ想定利用企業数は135,000社まで拡大されましたが、2019年度はIT導入補助金のみとみると事実上の減額となりそうです。

2019年度IT導入補助金の概要

中小企業上「IT導入補助金」資料には下記のように発表されています。
中小企業庁「IT導入補助金」資料

補助対象事業者

中小企業、小規模事業者(飲食、宿泊、小売・卸、運輸、医療、介護、保育等のサービス業の他、製造業や建設業等も対象)。

補助上限額

450万円

補助下限額

40万円

補助率

1/2

補助上限額(平成30年実施は50万円)および補助下限額(同10万円)が大幅に引上げられました。

この決定により、申請に対する審査がこれまで以上に厳しんくなることが考えられますが、補助上限額が450万円まで引きあがられたことから、大規模なIT投資にも適用されることになり、今後の発表が気になります。

弊社でも2017年、2018年にコンテンツ記事の作成でIT導入補助金を活用させていただきましたが、コンテンツ作成だけでなく、今年はホームページのリニューアルなどにも活用しお客様に喜ばれるサービスを提供していきたいと考えております。

>IT導入補助金でコンテンツマーケティング(SEO)を始めよう