GA4(Google アナリティクス 4)とユニバーサルアナリティクスの違いとは?【初級編】

Googleの公式発表により2023年7月1日以降、従来の分析ツールであったユニバーサルアナリティクス(UA)が停止されることになりました。

その後はGoogle Analytics 4(GA4)で分析や解析しなければならないため、それまでにユニバーサルアナリティクスからGA4に移行をし、使い方や各データの取得方法について理解をしておく必要があります。

本記事では、「そもそもUAからGA4への移行方法がわからない」「基本的な使い方がそもそもわからない」という方に向けてまとめているので、GA4について詳しく理解したい方や初心者の方は是非参考にして下さい。

GA4をいつ導入した方が良い?

結論から申し上げるとGA4の導入は、今行っておくべきです。

今でもユニバーサルアナリティクスでもデータが見られているから、GA4への移行は先にしようと考えている人もいるのではないでしょうか。

確かに今GA4に移行しなくても2023年の7月1日まではユニバーサルアナリティクスでデータを見ることができているため、現状の運用や分析状況に大きな影響はありません。

しかし、ユニバーサルアナリティクスが完全に停止されたときにGA4でデータを見ようとしても、イベントの設定や各設定を行っていない状態ではデータを貯めておくことができません。

つまり、導入するだけではなく各種設定を行い、今のうちにデータを貯めておかなければ昨対比などの比較が行えなくなってしまうというデメリットがあります。

その他にもデータの見方などもユニバーサルアナリティクスとは異なる点が多いため、今のうちに導入・設定を行い慣れておく必要があります。

GA4の導入方法

それでは続いて、GA4の導入方法について詳しく解説していきます。

導入自体は実はそこまで難しくなく、すでにユニバーサルアナリティクスを利用しているユーザーであれば本記事を見てすぐに導入することが可能です。

STEP1:プロパティ接続

①普段使っているGoogleアナリティクスでログインし、左下の管理をクリックします。

②管理を押すと「プロパティ」→「GA4アシスタント」という項目があるのでクリックしてください

③クリックすると「Google アナリティクス 4 プロパティの設定アシスタント」が表示されるので「GA4 プロパティの機能の確認と設定を行う。」の下にある青色の「GA4プロパティに移動」をクリックしてください。

④「新しいGoogleアナリティクス4プロパティの作成」で青色ボタンの「プロパティを作成」をクリックしてください。

以下の画面に移動したら無事プロパティ接続が完了されたことになります。

STEP2:タグの設定

続いて、プロパティを設定したあとにサイトにタグの設置をする必要なためタグ設置の方法を解説します。

①Googleアナリティクス4(GA4)の画面右上の四角マークをクリックしてください。

②他サービスを表示をクリックしてください。

③タグマネージャーを開いてください。

④新しいタグをクリックしてください。

⑤右上の編集(鉛筆マーク)でタグタイプをGA4設定に変更します。

⑥測定IDをGA4画面上から確認し入力してください

⑦測定IDを確認する方法ですが、GA4の管理画面で左下の「管理」→「データストリーム」をクリックします。

⑧プラットフォームを「ウェブ」で選択します。

⑨その後測定IDの表示が出てくるので、測定IDをコピーし、タグマネージャー(GTM)の中に入力してください。

続いてタグマネージャー(GTM)条の設定について詳しく解説していきます。

⑩GA4設定のタグのトリガー設定をするために「トリガー」をクリックし、設定を「All Pages」にしてください。

⑪その後タグを「公開」することで計測スタートとなります。

計測されているか確認する方法

GA4に戻っていただき、レポート→リアルタイムをクリックしていただくと、計測がされているかどうかがわかります。

直後に計測がスタートしますが、場合によってすぐ数字が出ない時もあるため、計測が0になっている場合は数分経ってから再度確認してみることをおすすめします。

よくある質問

よくある質問をまとめましたので下記をご覧ください。

UAとGA4の違いを教えてください。

UAがセッションやページをもとに計測を行いデータを貯めているのに対し、GA4ではイベントを中心にデータ計測を行っています。UAからGA4に変更することによって1セッション内でユーザーがどのような行動をしたのかという細かい計測や質の高いユーザーかどうかという分析ができるため、より詳しく計測できるようになりました。

GA4(Google アナリティクス 4)のイベントに関しては下記のコラムをご覧ください。

参照GA4(Google アナリティクス 4)のイベントとは?設定方法やUAとの違いを徹底解説

GA4でできるようになったことを教えてください。

GA4ではほとんどすべてのデータが「イベント」での送信となるため、ウェブとアプリをまたいだユーザーの行動分析が可能となります。

また、Googleの機械学習モデルを利用した「予測機能」により、GA4で取集したデータを参考にシミュレーションや想定値を出すことが可能となりました。

GA4での「探索」機能の使い方を教えて下さい

GA4の「探索」機能の使い方についてはこちらの記事を参考にしてください。

まとめ

本記事ではGoogleアナリティクス4(GA4)の導入方法について詳しく解説してきました。

前述した通りGA4は導入までの時間はありますが、早めに導入各種設定することによってあらかじめデータを蓄積しておくことが可能です。

特に昨年比較や過去のデータを参照することが多い企業やフリーランスの方はなるべく早めに設置をして置き、いざというときにデータがなかったということを事前に防いでおきましょう。

導入まではできたが、それ以降のイベント設定についてよくわからないという方はGA4中級編の記事を見て、各種イベント設定について参考にしてみてください。

中級編GA4(Google アナリティクス 4)の使い方【中級編】

上級編GA4(Google アナリティクス 4)の使い方【上級編】クロスデバイスユーザーの確認方法まで